京都のプロフェッショナルに学ぶ

KCJSの授業内での取材記事です。

鎧、美術?大切な歴史?日常生活?本当のマスターから聞きましょう!

 

卯月さん制作の鎧

卯月さん制作の鎧

私は、うさぎ塾に行く前に、昔の鎧に関してあまり知りませんでしたが、興味がありました。どうして今も鎧が作りつづけられているのか不思議でした。平安時代の前は中国風だった鎧が、平安時代になると、日本の風土や美意識によって日本独特の物に変化していきました。そして、時代によってスタイルが変化していきました。それを聞いて、たぶん日本の長い伝統を守るために今でも鎧が作られているのかなと考えました。卯月さんご夫婦の取材を通して、この問いの答えがとても深く分かるようになりました。卯月さんが、鎧の作り方を教える教室をしながらご自分でも鎧を作っているのは、もちろん長い伝統を守るためでもありますが、それ以上に特別な意味を帯びていると感じました。

現在の鎧!どうして今も鎧作る?大切だから?楽しいから?

鎧は戦争のためだけのものでしょうかえも、ました。。最近は、もちろん鎧は戦争のために作られているわけではないのですから、現在の鎧の意義や用途は様々です。一番分かりやすい理由は、昔の伝統と技術を継承するということですが、他にも理由がたくさんあります。例えば、親は子供の七五三のために子供向けの鎧を作ります。きれいだし、鎧には守るイメージがあるからです。世界中の人にとっても分かりやすい理由は、日本の昔に関しての映画でいい鎧を使わなければならないということです。例えば、卯月さんの師匠は黒沢の「七人の侍」のための鎧を作りました。もう1つの理由は、文化的な理由です。外国人も日本人も日本の文化や歴史についての強い興味から、鎧を作りたいと思うのです。昔は、分業制で鎧が作られていました。それぞれのプロが鎧作りのある工程をしていたというわけです。でも、今は、鎧作りに興味がある人や、鎧作りが好きな人が最初から最後まで一人で鎧を作っているので、完成品の鎧は、作った人の気持ちが感じられるものになっています。私が取材をした卯月さんも、日本の歴史と伝統文化に強い興味があって、この情熱から鎧を作り始めました。

卯月さん ― 鎧が日常生活になった。どうやって?どうして?

卯月さんにとって、鎧を作るのは単なる仕事ではなく、日常生活です。うさぎ塾は、教室の場所でもあり、住んでいるところでもありますから、毎日、いつも鎧のことを考えています。どうしてこのような生活をしたかったのでしょうか。高校生の時から卯月さんは弓道が好きでしたから、他の日本の昔のものも好きでした。その伝統文化への情熱から、卯月さんは、大学の後で、一番上手な鎧職人を見つけ、その職人に手紙を書いて、弟子になりましました。鎧作りを学ぶ道は難しかったですが、卯月さんは情熱のおかげで、本物の鎧作りをマスターしました。一般の人に鎧作りを教えるうさぎ塾は、23年前から続いています。

卯月さん

卯月さん

卯月さんによると、鎧は、作っている時の作り手の気持ちを反映するものだそうです。例えば、うれしい時と悲しい時、全然違う鎧になります。昔の鎧は身を守るためのものでしたから、鎧の中に気持ちが込められているわけではありませんでしたが、今の鎧は作りたいという気持ちがあって作るものですから、出来上がった作品には作り手の想いが宿っています。これを表す一番いい例は9・11の時のことです。9・11の時に世界中の人々が本当に悲しくなりました。卯月さんは、アメリカ人を応援するために心を込めてアメリカの旗のデザインで鎧のそでを作りました。

卯月さんのお教室では、生徒一人一人がデザインや色を選んで、自分の手で最初から最後まで鎧を作りします。作り方は難しいし、たくさん時間がかかります。だから、鎧は作り手の気持ちがこもるのです。私は、鎧は本当に特別な美術だと思います。取材の前に鎧が美術品だという考えは少しおかしいと思っていましたが、後で、そのことを強く感じるようになりました。卯月さんご夫婦にとって鎧は単なる仕事ではなくて、いきがいです。だからこそ、現在の鎧は物ではなくて、芸術になり得たのです。

鎧の一部

鎧の一部

クリストファー・ブラウトン/KCJSサマープログラム2013

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

情報

投稿日: 2014年4月25日 投稿者: カテゴリー: 2013Summer

ナビゲーション

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。