京都のプロフェッショナルに学ぶ

KCJSの授業内での取材記事です。

糸に隠れた深み 〜引き継がれる鎧の伝統文化〜

 「鎧」と聞いて、人は何を思い浮かべるだろう。昔の戦のイメージが急に頭に浮かんできただろうか。どのようなイメージでも、おそらくそこには、武具を身に着けている武士達が出てきたであろう。僕もそのようなイメージを持ち、先日、平安時代から引き継がれた日本の鎧の作り方を教えていらっしゃる夘月永年さん、阿子さんのお宅へ伺った。僕は子供の時から、日本の武士、特に戦国時代の上杉謙信と武田信玄に憧れていたので、ぜひこの機会にその武士達が身に着けていた鎧について色々なお話を伺いたいと思ったのだ。色々なお話の中で特に夘月さんご夫妻が鎧を作っていらっしゃる理由に僕はとても感動させられた。そのことにふれる前に、先ずは鎧について説明したい。
1_1
▲色々な興味深い話をしてくださる夘月さんご夫妻

一口に鎧と言っても
 基本的に言えば、鎧とは矢や刀等による攻撃から身を守る武具のことだ。しかし、鎧と言っても、日本の鎧は時代や闘い方によって変化してきた為、様々な種類があるのだ。夘月さんご夫妻のお話によると、日本人であれ、外国人であれ、鎧はどのような形をしているかと聞かれたら、多くの人は室町時代、或は戦国時代の二枚胴と呼ばれる武具を思い浮かべるそうだ。だが、鎧の世界では、二枚胴ではなく、平安時代から鎌倉時代まで着用された大鎧という鎧の種類の方が地位が高く、日本の代表的な伝統鎧として扱われている。
1_2
▲ 夘月ご夫妻によって作られた大鎧  左は、表側で、右は、鎧の後ろ側

これを初めて知った時、僕は驚き、こう思った。「映画やドラマには、二枚胴がよく着られているのに、なぜ日本の伝統文化という観点からすると、大鎧の方が地位の高いものなのだろうか。」その理由を説明する為に、先ず大鎧と二枚胴を比較し、大鎧の特徴を挙げたい。大鎧は平安時代と鎌倉時代に着用されたものだが、その時には馬上で弓を射る騎馬戦が主流であった。大鎧の主な材料は、牛革と鉄でできた小札(こざね)と呼ばれるもので、そこに穴をあけ、組紐でつなぎ合わせて使われていた。だが、戦国時代に入ると、鉄砲戦が主流になってきたので、鉄が甲冑の主な材料になったのだ。では、これから大鎧の特徴を見ていきたいと思う。

大鎧の組紐:伝統文化の集大成
 大鎧の組紐は、模様や色によって異なる意味合いを持つ。平安時代の装束に基づき、組紐の色と組み合わせによって季節感を表しているのだ。つまり、平安朝の貴族文化から生まれた「かさね色目」という色使いや「縅」という組み合わせが鎧の形成に影響を与えたというわけだ。
実際、取材に伺った時、夘月さんご夫妻に一つの組紐の例を見せて頂いた。右の写真がその例で、これは、鎧の袖にあたる部分だ。この組紐の色使いとデザインは「藤」と呼ばれている。濃淡の紫という色使いだけでなく、咲いた藤の花のように垂れ下がっている濃い紫色の組紐構成で藤のイメージを表しているのだ。と同時に、この組紐は、四月から五月までの春という季節感も表す。なぜかと言うと、藤の花は大体春に咲くからだ。
1_3
▲「藤」と呼ばれる組紐の組み合わせの例

鋭い色彩感覚や季節感を大切にする心は日本の伝統文化においては当然のことと言えるかもしれない。だが、アメリカでは季節感はそんなに着目されないので、夘月さんご夫妻が見せて下さった「藤」の組紐構成の例を非常に興味深く感じた。
大鎧にはもう一つの特徴があるが、それは後ろ側にある結び目のことだ。このような結び目は「総角結び」と呼ばれていて、平安時代に発展したものだ。この総角結びは相撲、神道、そして大鎧等の分野で使われる紐の結び方だが、鎧の場合は特別なのだ。大鎧の結び目は「人」という字になるように結ばれているが、一方で相撲や神道の神社にあるものはほとんど「入」の字になるような結び方をしているようだ。
「人」という字は、「人に勝つ」という意味があり、大鎧にはぴったしだ。一方、「入」という字は「人が入るように」という願いが込められている。結び方一つにも願いが込められているということを知ってビックリした。
先程「なぜ日本の伝統文化という観点からすると、二枚胴より大鎧の方が地位が高いのか」という問いを挙げたが、それは、二枚胴には平安時代に育まれた色彩感や季節感等が表されていないからだ。平安時代の貴族文化に溢れる大鎧の方が地位の高い甲冑だとされているわけだ。
1_4
▲総角結びの例「人」の字が見られる

日本の伝統文化を残す為に
 僕は取材に伺う前に、鎧に関する下調べをしたが、夘月さんご夫妻が色々なことを教えて下さったおかげで、初めて平安時代の装束文化に基づいた鎧の深みを知った気がした。鎧は今の時代に実用性がない為、広く知られていないのが非常に残念だ。ぜひ皆さんにも夘月さんご夫妻の技術や知識と伝統文化の集大成である大鎧を知って頂きたいと思う。夘月さんご夫妻は、現在、様々な活動を通じて鎧の文化を継承しようとしていらっしゃる。
先ず、夘月さんご夫妻は一年中、大鎧はもとより、二枚胴等の他の鎧の作り方も約40人以上の生徒達に教えていらっしゃるそうだ。その上、その生徒達の為に、「鎧着初式(よろいきぞめしき)」という儀式を始めた。これは、毎年11月23日、京都の世界文化遺産の上賀茂神社で行われる。日本では、昔から元服式が行われていた。昔の元服式は、武士の子息の成人を祝うものとして行われた儀式だが、今は戦いの時代ではないので、鎧着初式は大人になる為のものではない。夘月さんご夫妻の生徒達は、鎧作りを学びながら、この儀式が行われる日に向かい、春から一生懸命鎧を作り始めるようだ。鎧着初式の当日、その生徒達が上賀茂神社に集合し、自分で作った鎧を着たり、子供や孫に着せたりする。つまり、鎧着初式とは、その生徒達にとって、お披露目の日でもあるし、又、全国各地から参加する生徒同士が一年に一度だけ交流出来る日でもある。
夘月さんご夫妻の活動を通じて、鎧の歴史、組紐構成、そして組紐の総角結び等の技が継承されていくといい。平安時代の大鎧に見られる色彩感や季節感は日本人には当然のことかもしれないが、アメリカ人の僕にとっては、興味深かった。無論、アメリカでは全く季節感が顧みられないという訳ではないが、少なくとも日本人の方がアメリカ人よりこのようなことに敏感だと思う。
夘月さんご夫妻が次世代にこのような伝統文化を伝えていこうとしていらっしゃることに僕は感動した。皆さんはこのような活動についてどうお考えになるだろうか。現在実用性がない鎧は、別に次世代に伝えられなくてもいいのだろうか。鎧は、確かに武具としては、実用性がないが、平安時代の美意識に基づいた日本人の色彩感や季節感が表れているものとして、大鎧はかけがえのない日本の伝統文化の集大成と言えるのではないだろうか。伝統文化を守り、後世に伝えようとする夘月さんご夫妻の活動に深く感銘を受けた。ぜひ、皆さんも素晴らしい鎧の世界を知ってもらえればと願う。

■京都西陣工房・鎧廼舎(よろいのや)「うさぎ塾」■
鎧作家・夘月阿子さん
鎧作家・夘月永年さん
住所:〒602-8224 京都市上京区黒門通一条上ル弾正町738-1
電話:075-432-2270
E-mail: yoroi@usagijuku.com
 HP: http://usagijuku.com

レポーター紹介
1_5ジョシュア・ストーン
現在、バージニア大学に通う4回生です。
大学では日本語と日本文学を学んでおり、将来は、日本の大学院に行きたいと思っております。大学生活の以外に、よくスキューバーダイビングをしております。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

情報

投稿日: 2014年9月9日 投稿者: カテゴリー: 2014Summer

ナビゲーション

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。